佐々木製茶株式会社

トップページへ戻る
ページトップへ戻る

かねじょうの歴史

かねじょうの歴史

かねじょうの歴史

創業から株式会社へ

かねじょうの歴史は1921(大正10)年、佐々木平吉が個人で始めた自園自製の製茶業に始まります。
初めて取り組んだお茶の栽培は、毎日が試行錯誤の連続でしたが、帯金氏よりお茶の育て方や、お茶の揉み方を習得しました。
昭和に入り、第二次大戦で物資や人手が不足するようになると、平吉は地区
の生産者とともに「カネ上製茶協同組合」を設立しました。
1943(昭和18 年)、設立当初の組合員は209 名、茶園総面積は32.5 ヘクタールでした。

創業者 佐々木平吉

1950(昭和25)年、組合員150 名が計100 万円を
出資し「カネ上製茶協同組合」は「小笠製茶株式会社」に生まれ
変わります。その後まもなく、専門農協や農事組合法人としての
茶事業が補助事業の対象になり、茶農協等への移行が検討されました。

しかし、経営が順調で、あえて体制を変更する必要がないことから、
小笠製茶は株式会社として継続することを選択しました。
農協等で得られる補助金に頼らなかったことは、
生産者の努力と結束という、現在も続くかねじょうの強みとなっています。

創業から株式会社へ

生販一体の道へ

一方、戦時中の混乱期には販売面での苦難も待ち受けていました。
平吉の長男、禎治(元相談役)は、お茶事業の発展には生産だけでなく
販売力の強化が必要と考え、1946(昭和21)年、小笠製茶の販売部門として佐々木商店を創業しました。

戦後に横行した取り込み詐欺に再三苦しめられながらも、佐々木商店は
順調に業績を伸ばし、1954(昭和29)年に「佐々木製茶株式会社」となります。
栽培生産から製造、卸まで、すべての工程でトレーサビリティ
を確保した現在の体制は、この生販一体の着想に端を発しています。

良質茶生産への努力

1952(昭和27)年、佐々木製茶は業界に先駆けて15 坪の冷蔵
倉庫を建設しました。劣化しない冷蔵茶は当時大変な人気を博し、
1959(昭和34)年には鉄筋コンクリート製の冷蔵倉庫が増築されました。

1968(昭和43)年からは、毎年12 月に茶園共進会を実施して
います。これは、茶樹の育成管理状況や土壌・根の分布状況などに
ついて、経済連や農協職員らで構成される審査員が評価するもので、
栽培技術の向上に大きく役立っています。

1968(昭和43)年には堆肥組合を設立、良質な土づくりも進めてき
ました。このような努力の結果、「かねじょう」のお茶は1956
(昭和31)年に農林水産大臣賞を受賞して以来、1988(昭和63)年
には東京都・神奈川県・静岡県(鶴亀)の各品評会で三冠に輝くなど、
現在までに通算32 回、農林水産大臣賞を受賞しています。
30 回以上の受賞歴を持つ企業は、当社を含め全国で2 社しかありません。

良質茶生産への努力