佐々木製茶株式会社

トップページへ戻る
ページトップへ戻る

安心安全

安心安全

安心安全

研究室

社内の製品分析室では専任研究員が製品の美味しさや
安全性について毎日厳しいチェックを行っています。

年に一度の土壌分析で安心な原料を追求

検査

食品の生産においては、安全を確保することが基本。
佐々木製茶は茶葉の栽培から一次加工、二次加工、さらに販売まで、
すべての工程を一貫して管理しています。特に原料・製品の成分分析・
微生物検査・放射能検査などの検査を徹底。検査に合格した品だけをお届けいたします。

検査

品質管理

農薬使用に関する誓約書の提出・栽培記録の義務化
により安全であるお茶である事を証明します。

契約農家には、安心・安全なお茶の生産を目指す誓約書の提出を
義務づけています。 また、いつ、どのような施肥や管理が行な
われたかも記帳するよう義務づけていますので、
安心・安全であるお茶だという事が証明できます。

残留農薬

かねじょう佐々木製茶では、安全を確認し合格した製品だけを出荷
しています。2012 年産 すべての深蒸し茶放射性物質検査結果に
ついて4月から設定された食品の放射性物質の新基準値に伴い、
当社すべてのお茶を検査したところ「検出せず(検出限界未満)」 という結果になりました。
安全性を確認し、皆様に安心して美味しいお茶をお届けできることを
ご報告致します。これからも美味しいお茶を自信をもって
お届けいたします。

ASIAGAP

優良な農業(お茶づくり)を実践している団体としてASIAGAPの認証を取得しています。
ASHIAGAPは日本GAP協会が策定しており、国際規格化を目指しています。

FSSC22000

佐々木製茶では食品安全の国際基準である「FSSC22000」を取得。
衛生的なお茶づくりに取り組んでいます。

検査