佐々木製茶株式会社 佐々木製茶株式会社

トップページへ戻る
ページトップへ戻る

成り立ち

成り立ち

成り立ち

創業者佐々木平吉が個人で始めた自園自製茶業は1921 年にスタート。
順調に業績を伸ばし、1943 年には地区の生産者が平吉の製茶工場運営に加わって、カネ上製茶協同組合を設立。

当初の生葉出荷者は209 名に及びました。そして、戦後の混乱期を乗り越え、1950 年に組合は法人化の道を探ることになります。
税務署から大所帯の任意協同組合では運営に無理が生じるとのアドバイスを受け、運営費の内部留保ができず設備の購入や更新のたびに組合員に大きな負担が生じることから、150 人余りで茶工場を運営するためには、株式会社を設立するほか協業化の手段がありませんでした。

そのため、組合員151 人が合計100 万円を出資し「小笠製茶株式会社」(2011 年に現社名の掛川中央茶業に変更)を設立しました。
このような経緯から、当社では今でも株主である社員を一般の協同組合と同様に「組合員」と呼んでいます。

創業者 佐々木平吉