佐々木製茶株式会社 佐々木製茶株式会社

トップページへ戻る
ページトップへ戻る

メディア

白葉茶の摘みとりに複数のテレビの取材がこられました。(2015/5/10)

4月17日に覆いをかけたあと、遮光率99.9%で育て、約3週間経過した、5月10日。
「白葉茶(はくようちゃ)」を摘みとりますとマスコミ各社にご案内差し上げたところ、TBSさん、テレビ東京さんは東京から、静岡第一テレビさん、テレビ静岡さん、静岡朝日テレビさんが県内から取材にお越しいただきくことになりました。

掛川市岩滑にあるわが社の茶園には、いったいなにごとかと地元の方たちがびっくりするほど多くの車が集まりました。
茶農家さんが約30名。
静岡県の職員さんたちが約10名。
社長をはじめとする社員が5名。
そして、取材スタッフさんが約15名。

TBSさんは、10日のサンデーモーニングで生中継していただきました。

白葉茶

覆いを外すと、そこには「白黄色」の葉っぱが。まあ正確に言うと白い葉ではなく、うす~い黄緑色の葉っぱなんでしょうが。
すぐに摘まないとせっかくかけた覆いの意味がなくなります。
覆いを外して、長時間たってしまうと、色を成分に変化が生じるので、すぐに摘み取りを開始します。
ここは女性陣の出番!あっという間に白葉茶を摘み取っていきます。

午前中で摘みとった茶葉は、すぐにあら茶工場に持ち込まれ、約4時間ほどで、「あら茶」が出来上がります。

白葉茶

そして、佐々木製茶の仕上げ工場で、ていねいに焙煎して、お茶が出来上がります。
今年は昨年の5倍の面積にしましたが、それでも完成したお茶は約29kgほど。
インターネットの初回予約分はすでに完売しましたが、直売店用のものを200袋急遽在庫にしましたので、まだ若干の余裕がございます。
品切れ必至の商品ですので、ぜひお早めに茶の葉通信でお買い求めいただければ幸いです。

白葉茶



佐々木製茶は「2018地域未来牽引企業」に選定されました

地域未来牽引企業ロゴ