佐々木製茶株式会社 佐々木製茶株式会社

トップページへ戻る
ページトップへ戻る

メディア

【たけしの家庭の医学】粉末煎茶(粉末緑茶)が血管の老化・動脈硬化予防に効果的と紹介されました(2017/7/11)

緑茶が血管の老化や動脈硬化に効果的

2017年7月11日放送の「たけしの家庭の医学」【血管の老化ストップ(秘)茶&認知症予防】で緑茶が血管の老化や動脈硬化に効果的だと紹介されました。
お茶の中にあるカテキンの一種エピガロカテキンガレードがポイントだそうです。
番組では、エピガロカテキンガレートを1ヶ月以上マウスに投与した結果、血管の動脈硬化が少なくなったと判明。
悪玉コレステロールは、酸化し動脈硬化を引き起こしますが、エピガロカテキンガレートは、動脈硬化の原因とされる物質を分解、抑制するそうです。

番組内で行った実験では、4種類お茶(煎茶、ほうじ茶、玉露、抹茶)の中で最もエピガロカテキンガレートが多かったのは、ダントツで煎茶でした。
では、なぜ煎茶にはエピガロカテキンガレートが多いのでしょうか?
理由は、日光にあります。日光を浴びるほどエピガロカテキンガレートは増加していくそうです。
しかし、同じお茶でもほうじ茶は、高温でお茶を焙煎してしまうため、エピガロカテキンガレートは少なくなってしまうようです。

さて、最も効率よくエピガロカテキンガレートを摂取するには、沸騰したお湯で淹れたものが一番良いそうです。
しかし、熱湯でお茶を淹れると正直苦くなってしまいます。
苦味を感じず、成分をまるごと摂取するには【粉末煎茶(粉末緑茶)】がオススメです。

粉末緑茶 当店の粉末煎茶(粉末緑茶)はスティックタイプなので、携帯に便利。外出先でも手軽に飲むことができます。



佐々木製茶は「2018地域未来牽引企業」に選定されました

地域未来牽引企業ロゴ